RACI :ITIL

RACI図(英: RACI diagram:レイシー図)
プロジェクトや何らかの工程をチームあるいは人々に役割分担させる際に使用される図(或いはフレームワーク)の一種である。
複数の組織が共同で行うプロジェクトなどで、役割分担を明確化するのに特に有効とされる。RACIチャートとも。

RACI図は、タスクを4種類の参加者の責任型に分割する。
また、プロジェクトや工程毎に各参加者には異なる役割が割り当てられる。
この責任型の名称の頭字語が RACI である。

-Responsible(実行責任者) タスク達成のために働く責任者。複数のリソースについて責任を持つことがある。
-Accountable(説明責任者) タスクの正しい完了について外部からの問合せに対して責任を持って対応する。各タスクの窓口は1つでなければならない。
-Consulted(協業先) 意見を求められる者。双方向の対話。
-Informed(報告先) 進捗を常に把握している者。一方向の通信。

実行責任者と説明責任者は同一の人間に割り当てられることが多い。それ以外では、一般にプロジェクトの各タスクについて、各参加者が高々1つの役割を割り当てられるのが推奨されている。しかし、企業や組織によっては、1人に複数の責任型を割り当てることもある。これは、役割が計画時点で決められないことを暗に示しており、各タスクにおける役割分担を明確化するというRACI図の価値を減じることになる。

【プロセス・オーナー】
文書化されている手順に従ってプロセスが実行されていることやプロセスの成果が合意した基準を満たしていることに責任を負う。
RACIモデルでは「説明責任者」にあたります。

【サービス・オーナ】
担当するサービスの開始、移行、保守、サポートについて責任を負う。
IT役員やサービスマネジメント役員に対するサービスの説明責任を負う。

【プロセス・マネージャ】
プロセスの運用活動を監視し、プロセスが期待どおり実行されていることに責任を負う。
RACIモデルでは「実行責任者」にあたります。

 

(出典)

http://www.consulting-skill.com/framework/raci.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/RACI%E5%9B%B3

・http://itil.tank.jp/?p=140

カテゴリーITIL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です